クラウドファンディングスタート!“第1回 めんたいロックフェア”

クラウドファンディングスタート!“第1回 めんたいロックフェア”

2021.5.17

ナッセがプロデュースする「博多ぐるめ応援隊」が新しいプロジェクトを発足!その名も“第1回めんたいロックフェア”
若き才能あるクリエーターたちが創る「親不孝通り」をモチーフとした「音楽・アート・映像コンテスト」を開催して、若い人たちがたくさん訪れる魅力的な場所にしたい!その思いを実現するため、クラウドファンディングにて多くの方からのご支援・ご協力を募集したいと思います。

博多グルメ応援隊とは?

image_photo

クラウドファンディングで親不孝通りを活性化したい!

このプロジェクトの目的は、魅力的な街「親不孝通り復活」のために「第1回めんたいロックフェア」を成功させること。具体的な内容として以下の通りです。

◆イベント名:親不孝通り「第1回めんたいロックフェア」〜若きクリエーターたちの作品がストリートを彩る〜
◆実施期間:2021年8月1日(日)〜31日(火)
◆イベント内容:
 ①若きクリエーターたちの作品がストリートを彩る「親不孝通り。音楽とアート」コンテスト
  音楽・アート・イラスト・映像・写真のそれぞれの優秀作品は、街のさまざまなスポットに提示。
  またリピート品でTシャツ・グッズに使用。
  《応募期間》2021年5月21日(金)ナッセオンラインサイト内「第1回めんたいロックフェア」で発表予定

 ②飲食店20店舗合同企画「めんたいロックフェア」〜地元食品・酒造メーカー協賛〜
  ・共通メニュー:明太子4大メーカー(ふくや・やまや・福太郎・かば田)のコラボ明太子お通しセット
  ・めんたいロック焼酎(西吉田酒造)「ボトルフェア」
  ・YuriArtイラスト梅酒(西吉田酒造)「梅酒フェア」
  ※参加店舗詳細は、5月31日(月)ナッセオンラインサイト内「第1回めんたいロックフェア」で発表予定

興味がある方はぜひ、ナッセオンラインのお気に入り登録をお願いします!

親不孝通り

こんなリターン(お返し)があります

◆博多めんたいロック弁当
 4つの明太子ブランド(ふくや・やまや・福太郎・かば田)の明太子が入った業界初のコラボ弁当。
 明太子ファンにとっては一度は食してみたい逸品です。また、福岡県産の食材を中心に厳選した美味しいおかずはきっとご満足いただけます。
 詳細はHPをご覧ください。お披露目会の様子はコチラ

博多めんたいロック弁当
新しく冷凍仕様で開発しました!

◆オリジナルのTシャツ・クリアファイル・マグネット・フェイスタオル
 クラウドファンディング限定。めんたいロックロゴ、「エドマッチョART SHOP」オーナー兼アーティスト吉永有里さんのYuriArtイラスト、
 コンテスト最優秀作品イラストの各オリジナルアイテムをご準備。

◆めんたいロックグラス
 クラウドファンディング限定。めんたいロックロゴを使用した限定ロックグラス。※デザインはイメージです。変更になる場合があります。

ロックグラス◆めんたいロック焼酎(720ml)
 クラウドファンディング限定。筑後市の老舗酒造「西吉田酒造」の焼酎。明太子を肴にロックグラスで焼酎一杯、堪らない美味しさです。

◆めんたいロックフェア共通飲食券
 イベント参加店の共通飲食券(1枚2,000円相当分)。4大明太子ブランドの食べ比べが出来る参加店共通のお通しセットはオススメです。
 ※めんたいロックフェアの飲食店チケット利用可能な店舗の情報は後日メールでご案内いたします。

上記の商品を組み合わせた様々な支援コースをご用意しました。
詳細は専用ページにてご確認ください。

めんたいロックと親不孝通りについて

1980年代に起こった「めんたいロック」。東京と一線を画すロックムーヴメントです。
音楽だけでなく、アート、写真、デザインなど若いクリエーター達が起こした「親不孝通り発信」の「博多カルチャー」。
「親不孝通り」は、日本の「リバプール」とも言われていました。
街は生き物。そんな「親不孝通り」も、時代の変遷とともにストリートがもつ独特な雰囲気に変化していきます。
ここ数年に起こった通り名の改名議論。
「親不孝通り」→「親冨孝通り」→「親不孝通り」の変化は、「若者が行ってみたい魅力的な街へ」という表明でもありました。

そして街の活性化を進めようとしている最中、昨年2020年、世界は一変します。
新型コロナの影響で、街は本当に無茶苦茶、疲弊に喘いでいます。
音楽の街として呼ばれる由縁のたくさんのライブハウス、そして200数店ある飲食店もほんと、元気をなくしているのです。
しかし、40年前の「めんたいロック旋風」。事実、この街で、同じこの場所で実際に大きなうねりが起こったのです。
「親不孝通り」。このストリートは新しい文化の発信地として、今もなお強烈なパワーとポテンシャルがあると信じています。

プロジェクト発起人の思い

はじめまして。
私は今回のプロジェクトの発起人、阿多浩一(あたこういち)です。
地元博多の飲食を盛り上げることを目標とした「博多ぐるめ応援隊」の隊長をしています。

このプロジェクトを立ち上げたきっかけは、「4つの辛子明太子がひとつのお弁当に入ったコラボ弁当」でした。
福岡の食材と言えば「明太子」、そして大きなブームを起こした「めんたいロック」。
この2つをかけ合わせたネーミングのお弁当で、業界では初めてのコラボレーション商品です。
(ご支援のリターン品として「博多めんたいロック弁当」をご用意しています) 

「めんたいロック」の聖地として有名な「親不孝通り」。そこで、親不孝通り商店街のたくさんの方々にインタビューをしました。
どの方も共通して言われたのは、「人が来ない、特に若い人が来ない」ということでした。
「商店街の活性化のために、長年いろんな取り組みとチャレンジを行い尽くしてきたが、大きな変化がないまま街は本当に苦しんでいる」。
そして、昨年からの新型コロナ感染拡大の影響でそれはさらに加速して、街は疲弊に喘ぎ大変に厳しい状況にあります。

実際に「親不孝通り」を歩くとその現状はすぐにわかります。九州最大の商業地「天神」に位置する「親不孝通り」。
隣接している「西通り」と比べると、人出の量と風景が全く違うのです。
一本の道路を隔ているだけなのに、それを境に人の流れがピタッと止まっているのです。
ストリートの先にある「長浜公園」は、昼も夜も本当に人が少ない!

長浜公園
長浜公園

今回、このプロジェクトは「若い人たちがたくさん訪れる魅力的な親不孝通りに!」を目的としています。
そのために「若き才能あるクリエーターたちの作品コンテストとその作品が街を彩る取り組み」と、「飲食店共同企画めんたいロックフェア」を実施します。
このような取り組みをひとつの契機、機会にして、「親不孝通り」に元気と活気を取り戻したいのです。
あの「めんたいロック」の聖地「親不孝通り」。ここに来ると誰かに出会えて、新しい何かが起こりそうな、何だかワクワクした気持ちになれる「親不孝通り」。
このストリートは、今もなおそのパワーとポテンシャルがあると信じています。 
是非、みなさんのご協力とご支援をお願いしたいと思っております。  

皆さまの応援をよろしくお願いします!

クラウドファンディング限定のリターン品多数!!
親不孝通りに思い出がある人、めんたいロックファン、明太子ファン(博多めんたいロック弁当がリターン品に!)。
そして何よりも親不孝通りを応援したい人。

みなさ~ん!! 
是非、是非、みなさんの熱い応援とたくさんのご支援をお願いしま~す!!
ご支援・ご協力・詳細は以下のサイトから!

めんたいロック聖地「親不孝通り」復活のためのストリートプロジェクト!